メディカルハーブティーで自然療法。花粉症、アレルギー対策やダイエットに。妊娠中の方も安心してお飲みいただけ、母乳育児もサポートします。

商品ラインナップ

この時期のおすすめハーブティー

体内脂肪対策ブレンド

体内脂肪対策ブレンド

メタボ解消、ダイエット、高脂血症予防や肝機能の改善に

血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪の値を低下させ、生活習慣病を予防する 作用のあるハーブを厳選してブレンド。体内に蓄積された脂肪や宿便も身体に負担なく排出していきます。また、肝臓を保護し、強壮するハーブもブレンドされているので飲みすぎ、食べ過ぎの後のケアにも重宝します。

クリスマススペシャルブレンド【季節・数量限定】
クリスマススペシャルブレンド

体を温め風邪対策、二日酔い、むくみの改善、美肌作用も

ドイツでは、クリスマスシーズンになると「アドベントティー」と呼ばれる真っ赤なフルーツティーが家庭で飲まれます。  マリエン薬局でも、クリスマスシーズンならではのハーブティーを毎年ご用意しています。 それが、「クリスマス スペシャルブレンド」です。

アレルギー対策ブレンド

アレルギー対策ブレンド

花粉症、アトピー、喘息の症状予防、体質改善に

マリエン薬局の「アレルギー対策ブレンド」に含まれている『ネトル』は、花粉症に大きな威力を発揮。含まれているフラボノイドが、ヒスタミンなどのアレルギー反応の誘発因子を放出する細胞膜を安定させ、炎症を抑えます。継続的に飲用することにより、アレルゲンに強い体質を作るのです。

風邪対策ブレンド

風邪対策ブレンド

風邪・インフルエンザの強い味方

風邪対策ブレンドには、風邪などのウィルスに対しての免疫力を高める作用をうながすハーブがブレンドされています。また気道のコンディションを整え、風邪のバクテリアのほかに、インフルエンザ・ウイルスの侵入を防ぐ働きがあるため、風邪の予防に効果的です。

妊娠・授乳中におすすめのハーブティー

授乳中におすすめのハーブ(単品ハーブ)とその理由

授乳中におすすめとされるメディカルハーブは様々あります。温かいハーブティーは免疫力をUPし、健康増進のサポートにもなりますから、授乳中の水分補給には、カフェインフリー、カロリーフリーのハーブティーがお母さんにとって安心して飲める、好ましい飲み物と言えるでしょう。
数多くあるハーブの中でも、授乳中の方に特におすすめなのは、フェンネル、カモミールなどです。

詳しくはこちら

授乳中にNGの単品ハーブ

授乳中は、妊娠中ほどNGと言われるハーブは多くありません。ただし、母乳不足の方が冷却作用のあるペパーミントを、乳腺炎でお悩みの方が体を温める作用のあるジンジャーやローズマリーなどのハーブを単体で大量に飲むのは、トラブル解消という点からみておすすめとは言えないでしょう。
注意が必要なハーブとしては、ペパーミント、ジンジャー、ローズマリー、セージが挙げられます。

詳しくはこちら

妊娠中におすすめのハーブ(単品ハーブ)とその理由

妊娠中の方にはメディカルハーブがおすすめです。ハーブティーの本場、ドイツでは、助産師さんが出産を控えた女性の健やかな心と体のために、ハーブティーの飲用を積極的にすすめているのを存知でしょうか。
ネトル、ホーステール、ローゼフラワー、ペパーミント、メリッサなどが挙げられます。

詳しくはこちら

妊娠中にNGの単品ハーブ

ハーブの作用は薬と違いとても穏やか。だから妊娠に気付かずに「飲んでしまった・・・」あるいは、「これまで飲んでいた。」ということがあっても、ご自身の現在の体調に問題がなければまず心配はいりません。大切なのは正しい知識を持つことです。
誤解を受けやすいハーブとして、セントジョーンズワート、ラズベリーリーフ、セージが挙げられますが、単品で大量に飲まなければ、問題ありません。

詳しくはこちら

ハーブティーの豆知識

妊娠中・授乳中の妊婦の皆さまが、メディカルハーブティーの薬効を得た上で、芳醇な香りと味わいをより一層楽しんで頂くために、正しい飲み方や扱い方をお伝えします。

ページトップへ

  • メディカルハーブティーとは
  • マリエンユーザーの声
  • ティーバッグタイプ
  • メディカルハーブティー人気ランキング
  • メディア掲載
  • ハーブティーの豆知識
  • マリエン薬局とは
  • お問い合わせ